本サイトはプロモーションが含まれています。

審査通過するには?大丸松坂屋お得意様ゴールドカードの難易度について

外商カードについて

審査通過するには?大丸松坂屋お得意様ゴールドカードの難易度について

大丸松坂屋お得意様ゴールドカード(大丸松坂屋百貨店の外商カード)の審査難易度について私の経験をもとに語ろうと思います。

”私が申し込みした際のプロフィール”

・61歳

・女性

・勤続年数5年

・年収は平均より下

・持ち家ローンなし(夫婦2人暮らし)

・カードとローンの滞納または延滞歴なし

オンライン申し込みするときの ”入力項目” はすべて正直に記入しました。私のスペックでも大丸松坂屋お得意様ゴールドカードを発行できています。

審査が通過したときはとても嬉しかったです。

なんでも行動することが大切ですね。

審査通過するために基準は?

”審査を通過するための基準となっている項目4つ”

① 満20歳以上で安定した収入があり、社会的に信用を有する方。

② オンライン申込フォーマットにご入力いただいた「ご自宅」と「勤務先」に電話連絡が可能な方。

③ 「会員規約」等をご自身でお読みいただいたうえで、内容をご承認いただける方。

④ 日本国内にお住まいの方で、オンライン申込フォーマットの所定事項を日本語でご入力いただける方。

4つの項目の中で、”社会的に信用を有する方”がハードルとなるかと思います。

しかし、今時のクレジットカードは会社で雇用されていて、そこそこの勤続年数があり、連絡先へ連絡が取れる状況で、過去に延滞、滞納の履歴がなければ社会的に信用があると判断されることが多いような気がします。

 

<今すぐ申し込み>

 

審査期間

審査期間は、最短4日らしいです。現実的には2週間〜1ヶ月ほどと思っていたほうがよいと思います。

私の場合は、申し込みをしてから約2週間で手元にカードが届きました。

”審査通過の連絡は特にありません”でした。

審査落ちの連絡はくる?

審査に落ちた場合は連絡がくるのか?

私は審査に通過しましたので、審査落ちしたときの対応がどうなのか正直なところわかりません。

ただ、審査落ちした場合は入力したメールアドレスまたは郵送で連絡があるかもしれません。

基本的に電話での連絡はないと思ってよいと思います。

大丸松坂屋お得意様ゴールドカードの難易度

大丸松坂屋お得意様ゴールドカードは、百貨店外商カードの中で  ”難易度が決して高いほうではない” と思われます。

”難易度が低いとは言いませんが、決して高くないです。”

2023年の話です。数年後は難易度が変わっているかもしれません。

チャンスは長く続きませんからね。

大丸松坂屋百貨店が考えていることとは?

特にオンライン申し込みが開始されてからは、富裕層や高所得層に限定せず、長年継続してお買い物をしてくれる層を増やすことに強化しているように感じます。

特に今の若い世代の方には、富裕層や高所得層になってからではなく、富裕層や高所得層になる前から外商サービスを利用してもらう” ことに重きを置いているのではないかと思っています。

富裕層や高所得になりそうな人を狙っている?

人は、一度満足したサービスは使い続けるものです。

富裕層や高所得者になってから百貨店でお買い物を始めるは、大多数が最大手にいってしまうのでしょう。

日本の百貨店で最も売り上げが高い店舗と言われているのは ”伊勢丹新宿店” です。

三越伊勢丹や高島屋など、他の百貨店と競争する上で富裕層や高所得者を狙うのではなく、富裕層や高所得者になりそうな人を狙うのは理にかなっているのではないかと感じています。

特に ”伊勢丹の外商カード” は、一人あたりの購入単価(客単価)を上げる戦略にしているように思えます。

それゆえに、伊勢丹の外商カードへ入会するのは最も難易度が高いと言われているようです。

しかし、大丸松坂屋百貨店の外商カードは戦略が少し違います。

なぜ61歳で外商カードが作れたのか

このようなことを書きながら、ふと思ったことがあります。

61歳で外商カードを作れた私。なぜ作れたのだろう。。。

富裕層や高所得者ではなく、富裕層や高所得者になる可能性が低い年齢。。。

 

???笑

 

プラス思考で考えますと、百貨店側は私がサービスを利用して、外商カードを家族に根付かせて、子供に受け継いでいくことが狙いなのかな?と思いました。

これなら妙に納得します。

まずは百貨店の外商サービスを知ってもらう。これが大事なんです。

知ってもらうのは大切だと思います。

知らないものを欲しがる人はいないですからね。

どんなに節約思考の方でも良いものを買いたいタイミングがくると思います。そのタイミングで百貨店へ出向くことがあり、百貨店の良さに気づき、買い物頻度が上がっていく可能性があります。

私は密かに、大丸松坂屋はこれらを狙っているのはないかと思っています。

しかし、この戦略はいつ、どのタイミングで方向転換するかわかりません。

今はオンライン申し込みが可能な状態ですが、大丸松坂屋が外商カードの新規顧客はもう必要ないと判断した場合は廃止される可能性があります。

外商カードを1度は持ってみたいと思っているいる方は今のうちに申し込みすることをおすすめしています。

外商サービスは楽しいですよ。一緒に楽しみましょう。

大丸松坂屋お得意様ゴールドカードの内容は”大丸松坂屋百貨店の外商カードについて|最大11%割引率の優待は本当?”で紹介していますので読んでくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました