本サイトはプロモーションが含まれています。

外商カードのデメリットまとめ|手に入れて約2ヶ月の経過した私の意見

外商カードについて

外商カードのデメリットまとめ|手に入れて約2ヶ月の経過した私の意見

外商カードを手に入れてから約2ヶ月が経ちました。

外商カードはとてもメリットが多いカードだと感じています。しかし外商カードを使い始めて間もない素人だからこそ感じるデメリットがあると感じていることもありますのでデメリットをまとめていきます。

外商カードを長年使っている人ですと”そのくらい当たり前”として認識されているのかな。

 

デメリット① 年間購入額を意識しないといけない

外商カードを発行した初年度は優待率が最高です。

私は”大丸松坂屋お得意様ゴールドカード”を発行しましたので初年度から10%割引が利用できました。

優待アップ期間は最大11%割引になりますのでとても嬉しい優待です。

ただし、10%割引で優待アップ期間は最大11%割引に関しましては ”優待率が最高の場合” です。

優待率は前年度の年間購入額に応じて決定されます。

そのため、年間購入額が基準を下回ったときには優待率も低下してしまいます。

人は誰でも損はしなくない生き物です。1度でも最高位の優待率を経験してしまうと優待率が下がることに恐怖を感じます。

優待率を下げたくないという気持ちが強くなって、買い物するたびに年間購入額のことを考えてしまいます。

もし、年間購入額が基準を下回ってしまいそうな時は、無駄なものを買ってまで基準を達成させようとするのかな。といつも考えてしまいます。

もちろん私が裕福であれば全く問題のないことでしょう。しかし、私は庶民ですので毎年のようにお買い物をできる保証はどこにもありません。

外商カードの素人がゆえの怯えなのかもしれませんが、外商カードを持つということは百貨店から

”一定以上の年間購入額が求められる” ことになります。

外商カードの年間購入額を1回のお買い物でクリアした話

デメリット② 外商顧客のランク付を気にしてしまう

百貨店の外商カードは良くも悪くも ”お買い物実績で顧客を仕分け” されます。

そして、外商担当も顧客ランクに応じて対応を変えているのだと思います。当たり前といえば当たり前ですが、VIPランクの人ほど良い対応がしてもらえるものです。

外商カード保持者の中でVIPランクを獲得するには、年間購入額がどれほどのものか想像すらできませんが、とあるユーチューブで紹介されているのは普通の方と0が2つ違うとのとこです。

普通の方と0が2つ違う・・・。

0が2つ違う顧客と、私のような顧客では対応が違うのも当然ですが、つい上を見ちゃうんですよね。

入荷困難なブランドや商品は外商顧客の中でも0が2つ違う顧客へ優先的に流れていくのだと感じています。

完全なる嫉妬ですのでお気になさらないで。笑

デメリット③ 富裕層向けが多くてサービスが使いこなせない

外商サービスは0が2つ違う顧客へのサービスが手厚いことは誰でも想像できると思います。

しかし、素人の私でも多くのサービスを利用できます。

駐車場無料サービス/デパート店内のラウンジサービス/店内アテンドサービス/外商専用カスタマーデスク/割引サービス など ”大丸松坂屋百貨店の外商カードについて|最大11%割引率の優待” の記事で紹介しているように外商カードを持つだけで多くのサービスを提供されます。

しかし、外商顧客へのサービスはこれだけではありません。

外商顧客向けの旅行や限定商品など、特別な商品やイベントがあります。

イベントでは”〇〇○円以上のお買い上げでレストランランチへご招待” がありますし、世界何本限定の〇〇を外商顧客向けに抽選販売などあります。

高級ブランドの先行オーダー会への参加が可能だったり、高級果物の外商顧客向け特別販売や、新築マンションのご契約で特別優待がある場合もあります。

そして、その全てが高級で高額なのですよね。

私は、これらのイベントへ気軽に参加したり、特別販売や特別優待があるなら買っておこうかな。なんてならないんです。

全てがセレブですから。笑

0が2つ違う人へのサービスですから。

外商は基本的に裕福な方が楽しむためのもの

本当の外商カードの持ち主は、これらのサービスがとても良いのでしょう。

しかし私みたいな一般庶民は、表面的な外商サービスを楽しむことから一歩奥へ入ると金銭的に無理な領域になっていきます。

もちろん、0が2つ違う外商顧客へ向けてのサービスですので私に向けて提案しているとは全く思っていませんが、外商カードを持つことでこれらの情報が入ってくるのです。

なんか、今まで見えなかった裕福な方の金銭感覚を見せつけられているようで、庶民の私からするとショボンとしてしまう瞬間があるんです。

だってさ、外商に入らなければ知らない世界ですから。

こんな金額のものがどんどん売れていくの!?と、まさにバブルを感じてしまいます。笑

バブルの時代は一応 経験済みです。

以上、外商カードのデメリットをまとめました。

デメリットと言いながら裕福な方ならすべてメリットのことです。

なのでこれは私にとってデメリットと言っているだけですので気にしないでくださいね。

これらをデメリットと紹介しても、外商カードはおすすめのカードには変わりないです。

私は私なりに外商サービスを楽しみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました