本サイトはプロモーションが含まれています。

外商カードの作り方|百貨店デパートのお得意様の審査条件とは

外商カードについて

外商カードの作り方とは?作るための条件は?

百貨店デパートの外商カードの作り方は、はっきり言ってわからない・・・。

そんな時代が続いていました。

しかし、ネットが普及するにつれて以下のような情報が出てきました。

外商カードに興味がある方は結構しますよね。

そりゃ優遇されるから、百貨店を利用する人であれば持ちたいカードですよ。

作り方の方法|選択肢として

①デパートの店舗に設置されているお得意様(外商)カウンターで自ら申し込みをする。

②デパートの店舗内のお得意様(外商)サロンまはたラウンジの受付で自ら申し込みをする。

③オンライン申し込みができる百貨店で自ら申請をする。

④百貨店カードで実績を作りながら外商への案外が届くのをひたすら待つ。

⑤何かをきっかけに、どこからか経由してDMが届くのをひたすら待つ。

⑥外商カードを持っている人に紹介してもらえるか聞いてみる。

⑦富裕層になりそうな人が集まる〇〇会や〇〇に入会してDMが自然にくるのを待つ。

親からの引き継ぎや、すでに入会している方はスルーしてください。

外商カードが親から引き継ぐことできたら。。

羨ましい。。。。。

手っ取り早く外商カードを作る方法は①〜③

手っ取り早く外商カードを作る方法は 待つのではなく、自ら作りに行く ことです。

そうなると、上記で説明した①〜③が当てはまります。

”①②は勇気がある方専用”

①デパートの店舗に設置されているお得意様(外商)カウンターで自ら申し込みをする。

②デパートの店舗内のお得意様(外商)サロンまはたラウンジの受付で自ら申し込みをする。

”③はビビり専用。笑”

③オンライン申し込みができる百貨店で自ら申請をする。

ビビり専用は嘘です。すみません。ビビりは私のことです。

24時間どこでも申し込みができるオンライン申し込みは、”忙しい方”や”窓口に出向くことが面倒な方”にはおすすめな方法となります。

あと、私みたいに窓口へ出向く勇気がない方にもおすすめです。

オンライン申し込みができる外商カードは”大丸松坂屋お得意様ゴールドカード”です。

外商カードの審査条件は緩くなっている?

外商カードは、近年 ”入会条件が緩くなっている” との情報が入っています。

私が調べたところによると、入会条件が緩くなっている理由として30代、40代の可処分所得が下がっていること、60代以上の購買意欲が下がっていることなどあるそうです。

本当に理由はわかりませんが、富裕層だけを相手にするのは過去の話?

富裕層も大事ですが、購買意欲の高い年齢層を取り込むのも大切だからね。

購買意欲が高い人=富裕層だけとは限らない

好きなことをするために他の生活費を抑えている人も多数いるからね。

幅広い世代/ターゲット層を対象にすることで外商カードを普及されたいと百貨店も考えている現れだと思います。

条件が緩くなったポイント

外商カードの条件が緩くなったポイントを挙げるとするならば ”入会対象になる年収や年齢” だと思います。

詳しいことは、公開されていませんので個人的な意見と思って聞いてもらえると嬉しいのですが、入会対象者が本当に広がったと感じています。

 

過去は、医者、弁護士、社長などの所得が高い人が対象となっていて、一般庶民は入会案内すら受けることができなかったり、百貨店の購入実績がなければいけないなど条件が厳しいイメージでした。

 

しかし、近年は百貨店の購入実績がいらなかったり、どこかを経由して一般庶民に外商カードのインビテーションが届くなんてこともあるそうです。

 

そして、一般庶民が窓口に出向いても申込書はすぐにもらえます。

審査で覚えておきたいこと

”覚えておきたいこと”

① 外商カードの申込書を配る範囲を決めるのは百貨店

② 外商カードを発行するか決めるのはカード会社

大手百貨店では①②のようになっていることがあるそうです。

簡単に言ってしまえば、外商カードの申込書さえ手に入ればカード会社の審査のみとなります。

カード会社の審査といえば ”個人信用情報” に基づき審査されますので、過去にクレジットカードやローン支払いの延滞、滞納がなければ よほどのことがない限り審査通過すると思われます。

外商カードはゴールドカード

外商カードはクレジットカード機能付きのゴールドカードです。

※百貨店により異なります。

抑えておきたいポイントは”ゴールドカード”の審査条件です。

一般的にゴールドカードは、年齢25歳、年収300万円程度が条件になっています。

ひと昔前は年収500万円以上だった気がします。

これらの条件は一昔前の条件よりも断然緩くなっています。

これら条件を抑えて外商カードに申し込みをすれば誰でも作れる可能性が高いです。

最後に

外商カードの作り方について私の個人的な意見をまとめました。

私が若いころの百貨店は週末に家族でおしゃれをしてお出かけする場所でした。

エレベーターには案内係がいましたので、普通の買い物でも今よりサービスが豊富でした。

今はいろいろなサービスが廃止されました。そして ”より一層、外商顧客に特化” してサービスを充実している気がします。

そんな外商カードは、作ることのハードルが下がっています。

外商カードのデメリットといえば ”買い物する場所が1つに偏る” ことです。笑

その他にも ”デメリット” はありますが、私はデメリットよりもメリットが上回ると思っています。

外商カードのデメリットまとめ

外商カードに興味がある方はこれを機に作ってくださいね。

オンライン申し込みできる外商カードは今のところ”大丸松坂屋お得様ゴールドカード”しかありませんが全国に店舗があるので便利ですよ。

大丸松坂屋百貨店は勢いがあります。

百貨店が積極的なときに作っておくと良いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました