本サイトはプロモーションが含まれています。

百貨店の外商顧客は ”リッチになりたい若い年齢層のサラリーマン” こそおすすめ?

外商カードについて

百貨店デパートの外商顧客は ”リッチになりたい若い年齢層のサラリーマン” こそおすすめ?こんなテーマで記事を紹介していきます。

百貨店の外商カードは ”申し込み対象としている年齢層” が変化してきました。

”この記事でわかること”

・外商カードを新規発行している年齢層

・百貨店が求めている顧客層とは?

・百貨店が目指す外商サービス

百貨店の外商サービスは変化しています。

外商顧客の対象者や外商サービスを知ることで ”若い年齢層” こそおすすめの理由がわかると思います。

 

新規で外商カードを発行している年齢層は?

百貨店デパートの外商カードを新規申し込みしている方たちは何歳くらいなのでしょう?

外商カードの ”新規申し込み年齢層” についてニュースを発見しましたので参考にしていきます。

 

”参考にしたニュース”

百貨店外商、40代以下に的 伊勢丹や大丸松坂屋、訪日客喪失で頼みは富裕層(日本経済新聞)

 

外商カードの申し込み年齢層は、6割が44歳以下

日本経済新聞のニュースによると、”伊勢丹新宿本店(東京・新宿)では44歳以下の購入額が新型コロナウイルス禍前の5倍に拡大”。

大丸松坂屋百貨店では、新設した ”オンライン窓口経由の入会者の6割を44歳以下” が占めた。とあります。

少し前のニュースですので、2024年はどのように推移するのか予測できません。

しかし、一部の百貨店では ”44歳以下の入会者が増加している” こと、”44歳以下の購入額が増加している” 事実があります。

 

オンライン申し込みは若い世代とマッチしています。

クレジットカード発行の申込書を ”ペンで記入する時代” は終わりましたね。

 

逆にいえば、外商カード申し込み年齢層の4割は45歳以上

私が入会した外商は ”大丸松坂屋百貨店のオンライン窓口経由(大丸松坂屋お得意様ゴールドカード)” です。

45歳以上なので全体の4割に入るのですが、百貨店が申し込み対象者を拡大したこと、申し込み条件を緩和したことによる恩恵を受けています。

当然のことながら、50代、60代ともなれば、すでに外商へ入会している方も多いはずです。

それにもかかわらず45歳以上の新規申込者が4割もいるのは、百貨店の外商戦略が変化したと認識してもよいと思います。

 

恩恵を受けて楽しくお買い物いしています。

どの年齢層でも外商は魅力なサービスですね。

 

 

百貨店の外商は”幅広い年齢層”を取り込む戦略へ

以前は、百貨店の外商や百貨店クレジットカード顧客は ”年齢層が50~60歳代で、外商は70歳代の顧客” が高額品を買うイメージがありました。

しかし、新型コロナウイルスが流行し2020年以降、百貨店の客層が一気に変わりました。

新型コロナウイルスの感染に敏感な ”50代〜70代” に対して、20代〜40代は不安よりも生活を楽しみたい欲が行動に現れたかたちとなりました。

SNSや働き方の変化により若年層の購買意欲が増加

2010年代半ばからは、SNSなどの普及によるビジネス成功者や副業などのダブルワークにより、さまざまな働き方で資金を作った若年層の購買意欲が高まりました。

そこで百貨店の外商戦略は変わりました。

若い顧客の開拓に乗り出して、”一定の購買が見込める層顧客を対象にした外商ービスを強化する戦略” に舵をきりました。

これににより、一部の百貨店では外商の入会対象者を広げ、一部の百貨店では ”30代〜40代” の外商顧客を中心に提案できるサービスづくりをしています。

30代〜40代共働き世帯が、外商サービスの利用増加

外商の新規入会申し込みは ”30代〜40代の共働き世帯が増加” してきているそうです。

最近では、新築タワーマンションでもパワーカップル(共働き高年収世帯のサラリーマン会社員)が話題になりますが、百貨店の外商でも同じような現象が起きているのだと思います。

※自営業者は、高所得でも住宅ローンが不利になりやすいため、パワーカップルは基本的にサラリーマン・会社員を指していると思われます。

事実、30代〜40代の頃は  ”生活の基盤を整える方が多い年齢層” でもあります。

生活の基盤を整えるに連動して、購買意欲も高くなるものです。

生活に必要なものや、生活の満足度を満たしてくれるプチ贅沢品は、百貨店の得意分野です。

30代〜40代の方が、外商を親から引き継がない限り、新規入会するベストなタイミングとして魅力を感じている方が多いと思います。

百貨店の外商サービスの戦略と、30代〜40代の年齢層が合っているのだと思います。

SNSでハイブランドが身近に感じる年齢層

SNSの普及により、ハイブランドの新作をスマホで気軽に見ることができます。

さらに、自分の好きなモデルさんやタレント・アイドルなど、ハイブランドを身につけている写真を簡単に見つけれるため参考にしやすい環境です。

高級時計やラグジュアリーブランドのハイブランドは、20代〜30代の新世代のファンを作ることを狙っています。

もちろん40代、50代のファンも離さないように戦略を練っていますが、近年は ”ブランドのデザイナーの変更” などを常にやっていて、ロゴデザインや商品のデザインが一新されることもあります。

百貨店が外商顧客に若年層を取り込むことは、ハイブランドを好む20代〜30代の年齢層と外商戦略、ハイブランド戦略の ”相性がよい” ことにもなります。

 

 

若い世代のサラリーマンにおすすめできる外商サービス

申し込み対象者を拡大する傾向にある ”百貨店の外商戦略” が、少しはおわかりいただけだでしょうか?

ここからは ”若い世代の方におすすめ” としている、外商サービスを具体的に紹介します。

通常商品の割引制度・ポイント還元制度

外商カードは、主に2つのタイプがあります。

”割引優待制度” と ”ポイント優待制度” のどちらかです。百貨店ごと、店舗ごとに優待内容は異なります。

特に今後、外商へ入会する予定の方は ”割引優待制度” と ”ポイント優待制度” のどちらかの制度が利用できるカードになると考えてよいでしょう。

優待制度は、割引制度もポイント制度のどちらも ”基本10%優待” になります。

 

”10%割引の計算”

10%割引タイプの外商カードは、税込11,000円の商品をお買い物する場合、お会計が税込9,900円になります。

 

”10%ポイント還元の計算”

10%ポイント還元タイプの外商カードは、税込11,000円の商品をお買い物する場合、お会計が税込11,000円、ポイントが1,000ポイント還元されます。

ポイントは、百貨店内で1ポイント1円相当で利用できる外商カードがほとんどです。

 

ポイントは有効期限があるので注意が必要です。

ポイントの利用方法もチェックが必要です。

 

提携ショールームの特別優待

30代〜40代(早ければ20代)は、生活基盤を整える年齢層です。マイホームの購入や賃貸暮らしでも、質の良いマンションや一戸建てに住み替えをする方が多いです。

それに伴い、家具や照明を揃えることを考える方も多いでしょう。

百貨店は、家具や照明のショールームと提携しています。外商顧客であれば、通常の優待を受けれることが多いです。

さらに、”外商顧客のみ特別優待価格” で家具を購入できる可能性もあります。

外商専用のラウンジ

外商顧客になれば、店舗に設置してある ”外商専用ラウンジ” を無料で利用することができます。

利用条件は、百貨店や店舗により異なりますが、外商顧客しか入れないラウンジですので居心地がててもよい空間になります。

百貨店でお買い物ついでに、ラウンジで休憩することができますので ”家族連れの方には特におすすめできるサービス” になります。

細かいことかもしれませんが、休憩するために喫茶店に入るのは勿体無いです。

休憩をするためならラウンジでよいでしょう。飲食を楽しみたいときに喫茶店やレストランへ入ることで、メリハリある楽しみ方ができます。

 

 

特別なイベントへ参加

百貨店は、外商顧客向けに ”イベント” を定期的に開催します。

このようなイベントは、外商顧客にならなければ招待されません。イベントは ”特別な会場” を用意したり ”店舗を貸切状態” にして開催されます。

ハイブランドが世界(本国)から希少な商品を取り寄せて展示したり、ブランドスタッフさんからイベントならではのお話をお聞きできます。

一般顧客では ”ブランドの上客” にならなければ、見ることすらできないような商品を、外商顧客向けのイベントでは試着することが可能です。

若い世代の方が知らない世界(本当によいもの)を知ることは、よい勉強になるとともに ”商品価値の判別” が身に付くチャンスともいえます。

駐車料金無料 優待サービス

百貨店は地域の最も便利な場所に位置していることが多いです。そのため、自動車で百貨店の駐車場を利用すると ”駐車料金” が気になることもあるでしょう。

当日に、いくら以上のお買い上げで1時間無料。いくら以上のお買い上げで2時間無料。などのサービスもありますが、買うか、買わないか、わからない状況で百貨店へ訪れる際は、少しでも駐車料金が安い駐車場を探す方もいるでしょう。

そのように ”無駄なコスト” をコツコツ削減する行動は、若い世代のサラリーマンやリッチになりたい会社員の方には賞賛をおくります。

しかし、外商カードを手にいれることができれば、駐車場料金問題から去ることができます。

外商カードには、提携駐車場の一定時間、駐車料金無料サービスがついています。

初年度から駐車料金無料サービスがついている百貨店もあれば、購入実績に応じて翌年度から駐車料金無料がついてくる百貨店もあります。

駐車料金無料サービスがあれば、百貨店へ訪れた当日に何も購入しない状況だとしても、駐車料金がかかりません。

大きなお買い物をした場合は、駐車料金無料サービスにプラスで、当日の駐車場サービスが加算される百貨店もあります。

発行初年度からサービスが利用

さて、ここまで”リッチになりたい若い年齢層のサラリーマン” におすすめできる外商サービスについてまとめました。

しかし、一番良い点としてお伝えしておきたいことは ”外商サービスは入会初年度からすぐ利用できる点” です。

この記事でお伝えしている内容は外商顧客になれば受けれる ”一般的なサービス” です。

百貨店ごとにサービスは異なりますが、大きくズレていないと思います。

若い世代こそ、変化が激しい時代です。”1年後に〇〇サービスが使えるようになる” よりも、入会すればすぐにサービスが使えるようになることが嬉しいですはずです。

最低限のサービスで十分に楽しめる

外商は ”購入実績” で待遇が変わります。

”外商の担当員が自宅にお菓子を持参して挨拶に来る” ”入手困難な商品を担当にお願いする” など、優遇される外商顧客もいます。

しかし、それらの待遇は ”外商顧客でも一部の方々(VIP)” です。その一部の方々は、このような待遇が当たり前ですので、外商のサービスとは〇〇だ。と発言されています。

それらの発言をお聞きすると ”外商へ入会するにはハードルが高い” と認識してしまいますが、実際に外商顧客はピラミッド型です。

※画像は私が作ったイメージです。

”最低限の購入実績で楽しむ” 方々のほうが圧倒的に多いのが現状です。そして、”最低限の購入実績で楽しむ” 方々は、あまり発言をしていないです。(笑)

 

最低限の実績で、最大限に発言してるのが私です。(笑)

見栄よりも自分の満足度が大切です。

 

 

外商カードの申し込み対象年齢は何歳?

外商カードの申し込み対象年齢は、百貨店ごとに異なります。基本的に外商カードの ”年齢条件” は明確に公表されていないです。

私が利用している ”大丸松坂屋お得意様ゴールドカード” は、招待制度ではなく ”申し込み制度” のため、申し込みページに ”申し込み対象者” がざっくり記載されています。

 

大丸松坂屋百貨店”外商カード”の条件を紹介します。

”申し込みできる年齢”

① 満20歳以上で安定した収入があり、社会的に信用を有する方。

② オンライン申込フォーマットにご入力いただいた「ご自宅」と「勤務先」に電話連絡が可能な方。

③ 「会員規約」等をご自身でお読みいただいたうえで、内容をご承認いただける方。

④ 日本国内にお住まいの方で、オンライン申込フォーマットの所定事項を日本語でご入力いただける方。

外商カードに申し込みできる年齢は20です。しかし、”安定した収入があり、社会的に信用を有する方”が付け加えられています。

安定した収入があり、社会的に信用を有する方は、自営業者よりも大企業サラリーマンの方が当てはまると思います。

他の百貨店は、何歳を基準にしているのか、私にはわかりません。

しかし、これだけは言えます。

メジャーな百貨店の外商カードは ”招待制” が多いため、親や身近な方が紹介をしてくれない場合は、申し込み方法すらわからないです。

特に若い年齢層であれば、親が百貨店の外商を利用していなければ ”紹介”してくれる方に出会うのは難しいです。

百貨店の外商カードまとめ

百貨店 外商カードの名称
三越 伊勢丹 エムアイカード プラス プラチナ
大丸 松坂屋 大丸松坂屋お得意様ゴールドカード
高島屋 タカシマヤカード プレミアム
阪急阪神百貨店 阪急阪神お得意様カードプレミアム

若い年齢層で、”周りに外商を利用している方がいない” ”百貨店から招待がくるほどの実績を作れない” のであれば、”外商顧客数の拡大するための計画を立てている(申し込み制度がある)百貨店” がおすすすめです。

外商顧客の若返りを強化している百貨店に身を任せることで、外商の申し込み審査を通過しやすくなりますよ。

 

 

大丸松坂屋百貨店の外商カード

大丸松坂屋お得意様ゴールドカード公式サイトより引用

大丸松坂屋百貨店の外商カード ”大丸松坂屋お得意様ゴールドカード” は、”大丸松坂屋百貨店でのお買い物は5%〜10%の割引”が受けられます。

また、大丸松坂屋百貨店でクレジット利用すると、”税込100円ごとに1ポイント”のQIRAポイント(クレジットポイント)が貯まります。

QIRAポイント(クレジットポイント)は優待割引を受けたあとにクレジット利用しても貯まります。

もちろん、大丸松坂屋百貨店以外でクレジット利用するときも、”税込100円ごとに1ポイント”のQIRAポイント(クレジットポイント)が貯まります。

QIRAポイントは大丸松坂屋ポイントへ移行できますので、大丸松坂屋ポイントに交換することで大丸松坂屋百貨店で ”1ポイント1円として利用可能” です。

年会費 税込11,000円
百貨店の割引率 5%・8%・10%
食料品・レストラン・喫茶などの割引 1%
百貨店以外のポイント還元率 税込100円で1ポイント(1%)
家族カードの発行 発行可能。(利用金額の合算)

 

 

外商優待が割引であり、年間お買い上げ金額が低い

大丸松坂屋百貨店の外商カードは優待率が ”変動制” です。

”前年度のお買い上げ金額” の実績により ”翌年度の優待率が決定”します。

”優待率の変動まとめ”

年間お買い上げ金額 優待率
税込30万円未満 5%割引
税込30万円以上70万円未満 8%割引
税込70万円以上 10%割引

 

入会初年度は10%割引です。

税込70万円は割引前の金額で計算されるよ。

大丸松坂屋お得意様ゴールドカードは ”申し込み制” ですから、自分のスマホやパソコンから24時間いつでもオンラインで申し込みが可能です。

若いサラリーマンの方が興味を示していただけると嬉しいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました